OSAKA HOKUBU YAKULT - MISSHION 明日の元気を一緒につくる会社®

大阪北部ヤクルトからのお知らせ

*乳酸菌飲料・食品の、賢い選び方

投稿日2018年11月26日 カテゴリー:お役立ち情報

 

さて、スーパーに行くと、いろんな種類の乳酸菌飲料やヨーグルトが商品棚にずらりと並んでいますよね。

どれも体に良さそうだけど、一体何を基準に選べばいいのか、迷ったことはありませんか?今回はそんな時のために、賢い乳酸菌飲料の選び方をご紹介します。

 

<クイズ!>
「ヤクルト400」の400は何を表す数字でしょうか?


答えは一番最後に!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
乳酸菌飲料・食品の、賢い選び方
チェックすべきは乳酸菌の数と質

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

実は、腸内にいる乳酸菌は、その全てがずっと腸内で生き続けるわけではありません。なので毎日続けて乳酸菌を摂取することが大切です。

 

しかも私たちの腸内には、約1000種類・100兆個もの菌が住み着いていて、善玉菌や悪玉菌、その中間的な菌がせめぎ合いながら活動しています。そのなかで悪玉菌が増殖しないよう、善玉菌である乳酸菌を摂取するわけですが、こうした膨大な菌の集合体に対して働きかけるためには、とてもたくさんの菌が必要になるのです。

 

そうしたことから、乳酸菌飲料・食品を選ぶポイントの一つは、いかに多くの乳酸菌が含まれているかが重要になってきます。

 

◆ヨーグルトやヤクルトに含まれる乳酸菌の数は?

例えばヨーグルトは法律上、乳酸菌数(または酵母数)が1mlあたり1千万個以上含んでいるように定められています。

 

一方ヤクルトには規定量の約50倍、1ml当たり5億個の乳酸菌 シロタ株が入っています。そしてヤクルト1本を飲むことで400億個もの乳酸菌 シロタ株を摂取することができるのです。

 

さらに同じような乳酸菌飲料でも、商品によってその乳酸菌の数は様々です。

 

お買い物の際に一度、ヤクルトをはじめ他の乳酸菌飲料やヨーグルトなどのパッケージをご覧になり、乳酸菌が何個含まれているかチェックしてみてください。それらを参考に、乳酸菌をたくさん含むものを選ばれることをオススメします。

 

◆どんな乳酸菌を選べばいいか?

乳酸菌と一口に言ってもその種類は膨大で、その働きもそれぞれ異なります。例えば免疫力のアップを助けてくれる「乳酸菌 シロタ株」便通改善の力をもつ「ビフィズス菌」など。その役割によって選んでみるのもいいでしょう。

 

そして乳酸菌選びで何よりも大切なのが「生きたまま腸まで届く」かどうかです。なぜなら、生きた乳酸菌は乳酸や酢酸をつくって腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の働きを抑制します。善玉菌を増やして、便秘や下痢を改善してくれるのも、生きた菌ならではのチカラなのです。

 

せっかく乳酸菌を摂るのなら、生きた乳酸菌がたくさん入った、より効果が期待できる製品を選びましょう!

<宅配専用商品>
【ヤクルト400】80ml 87円(税込)
1本に、生きたまま腸に届く乳酸菌 シロタ株が400億個!手軽に続けていただけます。

 

<宅配専用商品>
【ミルミルS】100ml 108円(税込)
大腸まで生きて届くビフィズス菌が、この1本に120億個!さらに女性に嬉しい成分がいっぱい!

=====イベント報告!======
健康セミナーを開催!
「腸と健康について」
==================

 淀川区の神津女性会様のご依頼で、健康セミナーを開催しました。

参加いただいた52人の皆さまにむけ、「いい便とは?」「腸と健康の関係」「インフルエンザ対策」等についてお話をし、腸を健やかにする「腸トレーニング」もご体験いただきました。


神津女性会様は毎週100歳体操をされるなど、健康への関心も高く、参加された皆様からは「商品の内容表示をチェックする大切さに気づいた」や「ヤクルトは毎日飲んだほうがいいのね」など様々な感想をいただきました。



淀川区では、11月30日(金)13:30~ 高齢者施設「リュミエール加島」様でのセミナー開催が決定しております。お近くの方はお気軽にお越しくださいませ。

(※現在、管理栄養士による健康教室は担当者不在のため、お引き受け出来ない状況です。)

<クイズの答え!>
ヤクルト400の数字は、ヤクルト1本の中に含まれている乳酸菌の数である400億個をあらわしたものです。たった80ミリリットルのなかに400億個もの乳酸菌を詰め込むのは、ロケットを飛ばすよりも難しい!といった研究者もいたとか?ヤクルトには、それだけ高度な技術が込められているのです。

 

▲
お問い合わせはこちら