OSAKA HOKUBU YAKULT - MISSHION 明日の元気を一緒につくる会社®

大阪北部ヤクルトからのお知らせ

*便秘はなぜ起こる?

投稿日2018年09月03日 カテゴリー:お役立ち情報

 

突然ですがみなさま、毎日のお通じはスムーズですか?
便と健康はとても深い関係があります。
今回は「便秘について知ろう」です。

<クイズ!>
何日以上、排便がないと便秘とされているでしょう?


答えはメルマガの最後に!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
便秘はなぜ起こる?
原因を知って便秘を予防!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お腹が重くてスッキリしない・・・。便秘になると、なにかと不快ですよね。便秘対策にはまず、便秘がどんなものかを知るのが一番!便秘について学び、スムーズなお通じと健康な毎日を手に入れてください。

◆便秘とは?その典型的な症状。
(1)排便回数が少ない。
(2)コロコロとした硬い便が出る。
(3)排便後に残便感や不快感がある。

この3つが便秘の典型的な症状です。たとえ排便があっても、便がまだ残っているような感じや、お腹に張りや不快感があれば、便秘の可能性があります。
排便後に「スッキリ感」があるかどうかをチェックしてみてください。

◆なぜ便秘になるの?
便秘の原因は大きく分けて二つ。腸の働きが弱って起こる「機能性便秘」と腸の病気からくる「器質性便秘」です。

◇機能性便秘の原因とは?
・腸の筋肉が弱って十分に便が押し出せない
・便意を我慢することで、腸の反応が鈍くなり、便意を感じにくくなる
・ストレスなどで腸の活動が過剰になり、便が流れにくくなる

◇器質性便秘の原因とは?
・病気で腸の一部分が狭くなるなど、構造上の異常で、便が通りにくくなる

つまり、、、便秘にならないようにするためには「ストレスをためない」「トイレを我慢しない」ことが大切です!ですがひどい便秘の場合は、病気の可能性も。お医者様に相談してくださいね。

◆乳酸菌 シロタ株の便秘改善効果!
便が硬めな成人に、「乳酸菌 シロタ株」を4週間飲んでいただいたところ、便の硬さや排便時のいきみが改善した、という研究結果がでています。腸内環境が整うと、便秘も起こりにくくなるようです。
(参考PDF:サイエンスレポートNo.21「便が硬めな人を対象とした乳酸菌 シロタ株の飲用効果」

 

=====イベント報告!======
皆様に健康情報をお届けするために
乳酸菌の勉強会を開催

==================

地域の皆さまへ、もっと健康情報をお届けできるようにと、当社のヤクルトレディ約100人を対象に「乳酸菌の勉強会」を開催しました。


今回のテーマは『ズバリ!ヤクルトレディの疑問に答えます!』。
日頃、研究・開発に携わっているヤクルト中央研究所の研究員を講師として招き、乳酸菌 シロタ株の「整腸作用」や「免疫調節作用」などについて学びました。

 

「乳酸菌はなぜ生きたまま届くほうがいいのか」など、お客様からよく聞かれる話題、これまでの研修会の中でヤクルトレディから多く寄せられた質問への回答・解説をしていただきました。

 

講師によるお話の後は、ヤクルトレディからの質問タイム。あれこれ活発に質問がされ、お客様に健康になってもらいたい、そんなヤクルトレディたちの想いが感じられました。改めて、毎日飲用の大切さを感じ、お客さまにも伝えていきたいと、気持ちが熱くなりました。


ちなみに、、、。乳酸菌が生きたまま腸に届くほうがいいのは「生きている乳酸菌は腸の中で酸をつくり、腸内フローラのバランスを整えることでおなかの健康を守る」からだそうです。


もし皆さまも乳酸菌や健康について疑問があれば、勉強会でパワーアップしたヤクルトレディたちに、質問してみてくださいね。喜んでお応えすると思います!

<クイズの答え!>
正解は 3日!

3日以上排便がないと、便秘と考えてください

 

 

▲
お問い合わせはこちら