OSAKA HOKUBU YAKULT - MISSHION 明日の元気を一緒につくる会社®

大阪北部ヤクルトからのお知らせ

*乳酸菌は生きたままがいい! そのワケは?

投稿日2018年08月20日 カテゴリー:お役立ち情報

 

「生きたまま腸に届く乳酸菌」こんなフレーズをお聞きになったことがあると思います。

これはヤクルトに入っている、乳酸菌 シロタ株の特徴なのですが、ではなぜ、生きたまま届くほうがいいのでしょう?

今回はそのワケをお話しさせてくださいね!

<クイズ!>
乳酸菌 シロタ株の「シロタ」って?

A 白い乳酸菌だから
B 城田という地域で発見されたから
C 発見者の名前をとったから

答えは一番最後に!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
腸内の善玉菌をふやし、悪玉菌を減らす
生きたままの菌のチカラ!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

殆どの乳酸菌は腸に届く前に死んでしまう

善玉菌である乳酸菌をたくさん摂ることで、腸内の悪玉菌の増殖を抑え、健康な体づくりを応援できます。

しかし、乳酸菌には弱点があり、胃液や胆汁に弱く、ほとんどの乳酸菌は腸に届くまでに死んでしまいます。

そのなかで、胃液や胆汁などの消化液にも負けず、生きたまま腸に到達する力をもっているのが、ヤクルトに入っている乳酸菌 シロタ株なのです。

 

なぜ生きたままがいいの?

ではなぜ、乳酸菌は生きているほうがいいのでしょうか?。

 

それは、生きた乳酸菌は腸の中で乳酸や酢酸をつくって腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の働きを抑制してくれるからです。

便秘や下痢を改善し、腐敗物質の生産を抑える力があるのも生きた菌だけなのです。

さらに乳酸菌 シロタ株を継続して体内にとりこむことで、もともと腸内に住むビフィズス菌が増加し、大腸菌が減少したという研究結果も出ています。
(参考サイト:シロタ株.JP http://www.yakult.co.jp/shirota/what/

乳酸菌 シロタ株は腸の常在菌ではないため、約1~2週間で役目を終えて体外に排出されてしまいます。

なので、継続して悪玉菌をやっつけるためには、毎日続けて体内に取り込むことをおすすめします。

==================
ゲームでもしてるの?
いえいえ違います!
これもお仕事なんです。

==================

 

街でヤクルトレディが携帯端末を操作している姿を見かけたことはありませんか?
ゲームで遊んでいる?


いえいえ、実はヤクルト専用の端末を使って、今日はどの商品をどれだけお届けしたか、明日は何本必要かなどを入力し、販売管理をしています。

皆さまに滞りなく商品をお届けできるよう、頑張っているのであって、決して遊んでいるわけではないんですよ!
2018年7月からは、最新のAndroid搭載スマホが新機種として導入されました!



販売管理の他、商品情報や健康情報の配信もあり、皆さまにより良い情報をお届けするためのツールとしても役立っています!

<クイズの答え!>
正解は Cの発見者の名前をとったから!

生きたまま腸に届く乳酸菌 シロタ株は、医学博士でありヤクルトの創業者でもある代田稔により発見、培養されました。

▲
お問い合わせはこちら